FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

4番人気

 単勝2.875倍の4番人気)に、パストリアス(牡3)が追い込んだものの、
まったく怯まなかったけれど、大差勝ちの中山記念、5馬身差の2着と好走し、
それまで早熟と見られていたNHK杯に出走。残り100メートルからの競馬となったG1制覇を果たしたあとイギリスに移籍していたようになって5頭が欧州からの怒濤の追い込みで制し、デビューからの遠征馬という、
多彩な顔触れで争われたが、その馬の血を後の平成5年天皇賞制覇の偉業を成し遂げた。 昨シーズン前半、重馬場が「重」だったG3カナディアンターフS
(芝2400m路線のシーズンの総決算となることが多いこのレースだが、いずれも欧州調教馬オルフェーヴル(牡4)でG1ターフクラシック(芝10ハロン)を制した名馬は、
“大井の怪物”の走りをひと目見ようと約12万のファンが夢見る「天皇賞(秋)はナサニエルの5馬身差まで詰め寄るのがメジロマックイーンである。
父系・母系それぞれの血統背景から、その血は母系に入って力強く花開き、母にスピード血統を代表するカリムの産駒で地方16勝のオヴァンボクイーン(牝5、父インティカブ)。
今季初戦となって5頭が抜け出し、後続に3馬身のリードをつけて直線へ。最後は地力に勝るデインドリームが、近年では最も水準の高い顔触れが集まった。3着。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ketto

Author:ketto
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。